修理

ピアノ 修理

 

ピアノは、主に

  • 木材
  • フェルト
  • 金属

でできているため、
温度や湿度によって、状態が変化します。

 

また、使用時間や年月が経つとともに、劣化したり、
消耗することは避けられません。

 

そこで、ピアノを良い状態に保つためには、
調律とともに、修理も必要になってきます。
しかし、修理といっても、素人では、
どこが痛んでいるのか、どの程度劣化しているのかが、
分かりにくいですよね。

 

そういった場合、調律師さんにお願いすれば、
どこの修理が必要かを診断してくれます
これは、無料診断してくれるところも多いので、
ピアノを弾いていて、鍵盤にばらつきを感じたり、
音がこもった感じがあるときは、調べてもらうと安心です。

 

 

修理の種類

ピアノ 修理

 

主な修理の種類としては、

  • アクションの修理
  • タッチ調整
  • 音色調整
  • 鍵盤の修理

があります。

 

アクションの修理

まず、アクションは、クロスやフェルトの消耗や虫害によって、
動きが悪くなることがあります。
そうすると、ピアノを弾いているときのタッチに影響してきます。

 

そこで、消耗、劣化した部品の取り換えや、
ハンマーヘッドの消耗や硬化したところを整形し、
弦のあたりを調整すれば、音が均一になります。

 

タッチ調整

タッチ調整に関しては、ハンマーに針をさして、
フェルトの弾力を調整し、
均一な音が出るようになります。

 

基準寸法から、0.5ミリ~1ミリまでは許容範囲ですが、
これを超えると、調整が必要になります。

 

音色調整

そして、音色の調整については、長期使用することで、
ハンマーフェルトが硬くなることがあります。
そこで、ハンマーの形状をきれいにしたり、
ねじれを修正すると、美しい音色になります。

 

 

このように、ピアノの修理を定期的に行うことで、
長期にわたって使用することも、可能になります。



 

 

いま一番売れているマニュアルは?

ピアノ上達

ピアノ上達

【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座 ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セットの特徴

スカパーなどでも紹介! 福山シティオペラ会員・海野真理氏が教えるピアノ上達プログラム。DVD3枚、楽譜3冊、教本1冊、特典1冊の充実セット。

ピアノ上達

ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】の特徴

表現力を高める指使いとは? 初心者脱出をサポートする指使いに特化したDVDプログラム。(中級者向け)

ピアノ上達

30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!の特徴

海野先生が教える初心者向けピアノ講座3弾セットのバラ売り版。まずはお試しでやってみたい方向けのレッスン講座。

修理関連ページ

調律
鍵盤
運搬