演奏の方法

ピアノ 演奏

 

ピアノの演奏をしていると、

  • スタッカート
  • トリル
  • 連打

など、弾きにくい箇所が出てきます。
そこで、そのコツを知らないと、余計な力が入ってしまって、
指が思うように動かなかったり、肩に力が入って、疲れてしまいます。

 

そこで、楽譜に良く出てくる奏法で、
悩みの多いものに対して、弾き方のコツを伝えますね。

 

 

スタッカート

まず、スタッカートは、ピアノをはじくイメージで弾くと、
弾きやすくなります。
そして、指のスピードも要求されます。

 

それを叶えるためには、手首を支点として、
手の甲を上下に動かすことが、ポイントです。
この時、手首が固まっていてまっすぐになると、
早く弾くことはできません。

 

ですから、スタッカートを上手に弾くためには、
手首を柔らかくして、腕を動かさないように気をつけましょう。

 

 

トリル

ピアノ 演奏

 

次に、トリルに関しても、指を早く動かす必要があり、
そのためには、余分な力を抜かなければなりません。

 

楽譜に書いてある指使いで弾くことが、ポイントです。
弾くことに慣れてくると、どうしても、
自分の好きな指使いで弾いてしまうことが、多くなります。

 

しかし、場合によっては、それが原因で、
弾きにくくなっていることもあります。

 

そして、指をリラックスさせることも重要です。
まずは、弱い音で弾いてみてください。
それでトリルが弾けたら、脱力が上手にできている証拠です。

 

次は、だんだん大きい音にしていきましょう。
そうすると、大きな音で弾いても、
上手く力を抜くことが、できているはずです。

 

 

連打

あとは、連打で悩む人も、多いことでしょう。
連打のコツは、スタッカートと同じ方法で、解決します。
どうしても早く弾けないときは、
指を変えて弾くと弾きやすくなります。

 

 

このように、スタッカートやトリル、
連打などを上手く弾くには、コツがあります。
そして、コツをつかめば、上達も早くなります。



 

 

いま一番売れているマニュアルは?

ピアノ上達

ピアノ上達

【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座 ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セットの特徴

スカパーなどでも紹介! 福山シティオペラ会員・海野真理氏が教えるピアノ上達プログラム。DVD3枚、楽譜3冊、教本1冊、特典1冊の充実セット。

ピアノ上達

ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】の特徴

表現力を高める指使いとは? 初心者脱出をサポートする指使いに特化したDVDプログラム。(中級者向け)

ピアノ上達

30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!の特徴

海野先生が教える初心者向けピアノ講座3弾セットのバラ売り版。まずはお試しでやってみたい方向けのレッスン講座。