楽譜の選び方

ピアノ 楽譜

 

それでは、初心者の人が、
楽譜を選ぶときのポイントについて説明します。

 

 

まずは曲選び

まず、曲を選ぶときは、好きな曲を選ぶことが、
楽しみながら続けられるコツです。

 

しかし、最初からあまりにも難しい曲を選んでしまうと、
一曲仕上げるのに、半年や1年かかってしまうことも考えられます。

 

そうすると、途中で飽きてしまったり、
嫌になってしまう可能性も高くなります。
ですから、自分の弾きたい曲が難しい曲の場合は、
同じ曲の初心者向けの簡易版を、探すことをお勧めします。

 

 

初心者向けの楽譜とは?

ピアノ 楽譜

 

そして、楽譜の中でも、
いくつかチェックしておいた方が良い部分があります。

 

音の数は少なめに

まず、音の数が多いものは、
指を早く動かす必要のある曲であったり、弾くのが大変なので、
音符の数が、できるだけ少ないものがお勧めです。

 

例えば、一小節のなかの音符の数が、
メロディーであれば、4音くらい、
伴奏部分であれば、3音くらいであれば、
取り組みやすいでしょう。

 

曲の速度は遅めに

そして、楽譜の頭の部分に、
その曲の速度が書いてあります。

 

この数字が大きいほど早い曲になり、一概には言えませんが、
目安としては、110を超えると、
初心者には、難易度が高くなるでしょう。

 

また、楽譜の上に、数字が書いてあるものがあります。
これは、指使いで、この数字の通りに指を動かすと、
自然な形で、弾きやすい順序で演奏できます。

 

指使いが書かれているか?

中には、指使いがあまり書いていない楽譜もあるので、
はじめは、この指使いがきちんと書いてあるものを、
選ぶと良いでしょう。

 

 

このように、初心者に向くものと、そうでないものもあります。
ピアノを始めるときの楽譜選びは、
その後のピアノの練習に、大きく影響してきます。

 

自分が楽しみながら取り組めるものを、近くの楽器店などに行って、
実際手にとって選びましょう。



 

 

いま一番売れているマニュアルは?

ピアノ上達

ピアノ上達

【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座 ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セットの特徴

スカパーなどでも紹介! 福山シティオペラ会員・海野真理氏が教えるピアノ上達プログラム。DVD3枚、楽譜3冊、教本1冊、特典1冊の充実セット。

ピアノ上達

ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】の特徴

表現力を高める指使いとは? 初心者脱出をサポートする指使いに特化したDVDプログラム。(中級者向け)

ピアノ上達

30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!の特徴

海野先生が教える初心者向けピアノ講座3弾セットのバラ売り版。まずはお試しでやってみたい方向けのレッスン講座。