楽譜の読み方

ピアノ 楽譜 読み方

 

ピアノ初心者にとって、ピアノの楽譜は、
見たこともない記号や用語が、たくさんならんでいて、
戸惑うこともあるでしょう。

 

しかし、ピアノを弾く時には、その楽譜に書いてある記号や用語を、
理解する必要があります。

 

そして、その記号や用語に基づいて演奏をすると、
曲のイメージにあった演奏ができるようになります。
そこで、ピアノの楽譜には、どのようなことが記してあり、
どういった意味があるのかを学びましょう。

 

 

主な楽譜記号

楽譜に書かれている、主な記号を説明します。

 

ト音記号・ヘ音記号

ピアノ 楽譜 読み方

 

まず、楽譜の最初の部分には、
ト音記号やヘ音記号が書いてあります。

 

ト音記号

ト音記号は、高音域にある記号で、
右手の領域で使われます。

 

ヘ音記号

そして、ヘ音記号は、低音領域にある記号で、
左手の領域に使われます。

 

ピアノの音域は広いので、この2種類の記号を使い分けることで、
全体をカバーしています。
もし、この記号が1つしかなければ、
5線から、かなりはみ出してしまいますよね。

 

調合

そして、楽譜には、調合も記載してあります。
これは、曲の雰囲気を決める役割があり、
シャープやフラットがつくことで、
その曲のニュアンスが変化します。

 

音部記号と数字

あとは、音部記号の横には、数字が書いてあります。
これは、1つの小節の中に、
○分音符が○個入るという意味になります。
例えば、4分音符が4つであれば、
4拍子でマーチのリズムになります。

 

 

このように、楽譜に記載してある記号や調号、
用語などを理解することによって、正確な演奏ができます。
そして、その曲のイメージも、つかむことができ、
より演奏に、深みや広がりが出てきます。



 

 

いま一番売れているマニュアルは?

ピアノ上達

ピアノ上達

【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座 ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セットの特徴

スカパーなどでも紹介! 福山シティオペラ会員・海野真理氏が教えるピアノ上達プログラム。DVD3枚、楽譜3冊、教本1冊、特典1冊の充実セット。

ピアノ上達

ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】の特徴

表現力を高める指使いとは? 初心者脱出をサポートする指使いに特化したDVDプログラム。(中級者向け)

ピアノ上達

30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!の特徴

海野先生が教える初心者向けピアノ講座3弾セットのバラ売り版。まずはお試しでやってみたい方向けのレッスン講座。