音符について

ピアノ 音符

 

音符が読めることは、ピアノを弾くうえで、
非常に重要なことです。
むしろ、そこでつまずくと先に進めません。

 

そこで、初心者が知っておくと役立つ、
基本的なものについて、学びましょう。

 

 

音符は2つの意味を持つ

まず、1つの音符には、2つの意味があります。
1つ目が音の高さで、2つ目が音の長さです。

 

音の高さ

音の高さは、ドレミファソラシドの音階のことで、
これをスケールといいます。

 

音の長さ

そして、音符の形によって、音の長さを示します。

 

音の長さには、

  • 全音符
  • 2分音符
  • 4分音符
  • 8分音符
  • 16分音符
  • 32分音符

などがあり、
その音符によって、音を押さえている長さが、変わってきます。

 

 

音符の符号

ピアノ 音符

 

また、音符の横や下、周辺に、
符号が付いているケースがあります。

 

例えば、音符の脇に「・」があれば、付点音符といい、
元の音の1.5倍の長さ弾くことになります。

 

そして、これと同様の符号が、
下につけば、スタッカートになります。
そうすると、元の音より、
短めに軽いタッチで弾くことになります。

 

その他、同じ音をつなぐタイや、
フレーズを、とぎれさせないように弾くスラーなどもあります。

 

このように、音符の1つ1つには、音の高さだけでなく、
長さや弾き方を示す符号までが、記されています。

 

慣れないうちは、この音楽だけに使われる記号に、
惑わされるかもしれませんが、
一度覚えてしまえば、文字で示すより、
一目見ただけでわかる、とても便利なものです。



 

 

いま一番売れているマニュアルは?

ピアノ上達

ピアノ上達

【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!海野先生が教える初心者向けピアノ講座 ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セットの特徴

スカパーなどでも紹介! 福山シティオペラ会員・海野真理氏が教えるピアノ上達プログラム。DVD3枚、楽譜3冊、教本1冊、特典1冊の充実セット。

ピアノ上達

ピアノ指・習得プログラム【国立音楽大学卒の一流講師陣 監修】の特徴

表現力を高める指使いとは? 初心者脱出をサポートする指使いに特化したDVDプログラム。(中級者向け)

ピアノ上達

30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!の特徴

海野先生が教える初心者向けピアノ講座3弾セットのバラ売り版。まずはお試しでやってみたい方向けのレッスン講座。